マットの
メンテナンス方法

マットの性能をひきだす日々のお手入れ

クリーンテックス・ジャパンのマットは、業務用スペックの素材を採用しているので高機能・高耐久であることが特徴です。適切なお手入れを行って頂くことで、高い性能を保ったまま、長期間ご使用頂けます。

エントランスマットのお手入れ

  • ・日常のお手入れ(週に1-2度)
  • マットに付着しているほこりやごみを掃除機やコロコロで取り除いてください。汚れた場合はホースを使用して少し強めの水(又は40℃以下の温水)でマットを洗ってください。 油類が付着したままご使用されると転倒の危険性がある為、すぐにふき取ってください。
    汚れた場合はホースを使用して少し強めの水(又は40℃以下の温水)でマットを洗ってください。洗ったあとは、陰干しで十分に乾燥してからご使用ください。
  • ・定期的なお手入れ(1-2ヶ月に1度)
  • マットに付着したごみを取り除いたあと、中性洗剤を少量かけてデッキブラシで軽く擦ってください。お手入れの際には水または40℃以下の温水を使用し、洗剤は十分に洗い流してください。
    洗濯機をご使用される場合は下記の洗濯表示に従ってください。
    マットを干すときは物干し竿などに、マットの表面(パイル側)を上にして斜めに干すと角の部分から水が落ちて、早く乾燥します。直射日光を避けて、陰干しで十分に乾燥してからご使用ください。
  • ・設置場所の清掃
  • マットの滑り止め効果を十分に発揮する為、設置場所は定期的に清掃してください。マットの裏面(ラバー)と床の間に水分や湿気があると床面の変色につながる場合があるので、しっかりとふき取ってください。

ラバーマットのお手入れ

  • ・日常のお手入れ(週に1-2度)
  • マットに付着しているほこりやごみを掃除機やコロコロで取り除いてください。掃除機はパイルの毛並みを起こす方向(逆目)にかけると効率的にごみを吸い取ります。屋外で使用される場合、マットを裏返して裏面(ラバー)側から棒などで土や砂を叩き出して頂いても、効果的にお手入れできます。

  • ・定期的なお手入れ(1-2ヶ月に1度)
  • マットに付着したごみを取り除いたあと、中性洗剤を少量かけてデッキブラシで軽く擦ってください。お手入れの際には水または40℃以下の温水を使用し、洗剤は十分に洗い流してください。

  • ・設置場所の清掃
  • マットの滑り止め効果を十分に発揮する為、設置場所は定期的に清掃してください。マットの裏面(ラバー)と床の間に水分や湿気があると床面の変色につながる場合があるので、しっかりとふき取ってください。

エレベーター保護マットのお手入れ

  • ・日常のお手入れ(週に1-2度)
  • マットに付着しているほこりやごみを掃除機やコロコロで取り除いてください。掃除機はパイルの毛並みを起こす方向(逆目)にかけると効率的にごみを吸い取ります。屋外で使用される場合、マットを裏返して裏面(ラバー)側から棒などで土や砂を叩き出して頂いても、効果的にお手入れできます。

  • ・定期的なお手入れ(1-2ヶ月に1度)
  • 市販のカーペットクリーナーをスポンジや布等に噴霧し、汚れを落としたい対象に擦り洗いします。シートのしみ抜きをする場合は、たたき洗いしてください。シートに直接噴霧しないようお願いいたします。洗浄剤と汚れが残らないように丁寧に水拭きしてください。仕上げに乾いた清潔な布で残った水分を拭き取ります。※洗濯機などでの丸洗いはできません。破損や収縮の恐れがございます。

Q&A

  • Q:中性洗剤以外の洗剤は使用できますか?
  • A:漂白剤やアルカリ洗剤は色落ちの原因となるので、使用しないでください。
  • Q:裏面がゴムのマットでも洗濯機で洗えますか?
  • A:クリーンテックス製のマットは裏面に柔軟なラバーを採用しているので洗濯機で洗えます。ただし洗濯機を使用する際は、洗濯機の取扱説明書に従ってください。洗濯機の機種によりますが、75×120cm以上のサイズについては洗濯機に入らない場合や、商品重量により洗濯機の故障につながる恐れがありますのでご注意ください。洗濯できない場合は、コインランドリーかデッキブラシをご使用ください。
    また、他の洗濯物と一緒に洗濯しないでください。色移りの可能性があります。
  • Q:日向干しをするとマットに影響がありますか?
  • A:長時間直射日光にあたった部分のみ色褪せがすすむ場合がある為、陰干ししてください。
  • Q:マットのゴムの部分からから黒い粉が浮き出てきたのですが大丈夫でしょうか?
  • A:材質の特性上、黒い粉が浮き出る場合がありますが、品質や安全面に影響は無いので、安心してご使用ください。
  • Q:マットの裏面に一部色の違う部分があるのですが大丈夫でしょうか?
  • A:材質の特性上、一部色の違う部分ができる場合がありますが、品質に影響は無いので、安心してご使用ください。
  • Q:屋内で使用する場合の注意点はありますか?
  • A:床面にワックスや艶出し剤を使用された場合は、完全に乾いてからマットを敷いてください。また、ごく稀にワックスの材質によって床面の変色が起こる場合がございます。マットを初めてお使いになる場合やワックスを変えた場合は、こまめに裏面をご確認ください。